利用規約とポリシー

チェックイン時間 = 3:00 PM ~
チェックアウト時間 = ~12:00 PM

▶ ソウルマンションゲストハウスの権利
– ソウルマンションゲストハウスは、部分的又は全体の予約をキャンセルまたは変更するための権利を留保します。
 
▶ レイトチェックアウトの支払い
– 当ゲストハウスではチェックアウト時間を1時間追加することが可能です。チェックアウトが01:00 PMまでに完了されない場合、宿泊費の1/3の料金をお支払い頂きます?
– ご宿泊のお客様が行方不明、不在の場合は、部屋の清掃は13:30から開始されます。
 
▶ 身元確認
– 全てのお客様(代表者1名)に対し、ソウルマンションゲストハウスでは滞在している間、パスポートのコピー及び保管をしております。
 
▶ Eメールの返答
– 08:30 AM KST(韓国時間)に10:00 PMの間に送信された時、Eメールの返答が遅くなる場合がありますのでご了承下さい。私共は、この時間枠内に受信されたEメールに対し12時間以内にお答えするために全力を尽くします。
 
▶ 受付時間
– 受付は08:30 AMから10:00 PMまで営業しています。レイトチェックインされるお客様のために、私共は正門玄関とお客様の部屋の暗証番号をお知らせ致します。翌日宿泊費のお支払いをまず受付にて行って下さい。午後10時以降は、010-3382-1316を呼び出すことによって、私共がその場所に駆けつけることができます。緊急の場合にのみ、電話にてお問い合わせ下さい。
 
▶ お支払い
– クレジットカード情報はご予約を確認する必要がある。合計のお支払い金額はチェックインの際に現金(韓国ウォン)で行う必要があります。
 
▶ 手に負えない迷惑行為
– ソウルマンションゲストハウスのスタッフは他のお客様に対し迷惑行為、問題が生じた場合、特定のお客様の行動が苦情として報告されている場合、いかなる種類の払い戻し、退出命令、予約を終了させる権利を保持しています。これは、違法薬物の持込、過度の飲酒による泥酔状況、複数の人物が建物に侵入することを拒否する権利が含まれます。
 
▶ 喫煙違反
– ソウルマンションは法律で禁煙建物になっています。敷地内の喫煙は一階の外喫煙区域及び屋上の指定喫煙区域に制限されています。これらの区域外にて喫煙を発見されたお客様は、W200、000罰金が課せられます。ソウルマンションゲストハウスでは、事前予約を終了し、払い戻しのないような方のエントリーを拒否する権利を持っています。
 
▶ 損害賠償
– 建物や家具に損害を与えた場合お客様には損害賠償に応じた責任を負うことになります。ソウルマンションゲストハウスは、盗難、財産への損害を容認致しません、さらに関連するお客様に対して料金を請求することがあります。
 
▶ 責任
– ソウルマンションゲストハウスでは、外部の原因によるいずれかのご予約キャンセルや変更の責任を保持しておりません。これは、飛行機運航の問題や個人的な問題も含まれています。
 
▶ キャンセルについて
– 罰則は、キャンセルや変更に対し発生し、私共は以下のキャンセルポリシーに基づいてお客様のクレジットカードに請求がなされます。
- チェックイン日の14日前にキャンセルされた場合、一泊分の宿泊費が罰金として課せられます。
-チェックイン日の7日前にキャンセルをされた場合、二泊分の宿泊費が罰金として課せられます。
-チェックイン当日にお越しになられない、またはチェックイン後に宿泊をキャンセルされた場合は、宿泊費の全体から50%が罰金として課せられます。
– 1日の始まりは午前0時から始まります。 (KST, UTC+09:00)

– 例)お客様のチェックイン日が3月16日であれば、お客様は3月2日の午前0時までにキャンセルされますと罰金は発生いたしません。(BST、UTC+09:00)
 

▶ 違約金規約  
– 適切な通知なしにチェックイン日にお越しにならなかったお客様は自動的にキャンセルがなされます。また、クレジットカードは、以上のキャンセル規約に基づいて課されます。
– 飛行機運行の遅延や自然災害などの予測不能な事態の場合は、お客様にお部屋を提供しご宿泊することは可能です。しかし、その場合全体のお支払いをしていただかなければなりません。
 

▶ 貴重品
– 毎回、貴重品等の管理には十分な注意を払って下さい。ソウルマンションゲストハウスでは貴重品の紛失に対するクレーム等、責任を負いかねます。カウンターのスタッフに直接、貴重品のみを預けることも可能です、しかし荷物と一緒に貴重品を置いていかれた場合は私共では責任を負いかねますのでご了承下さいますようお願い致します。
 
▶ 未確認の追加人数発見時
– 私共の所有するデラックスルームには拡張可能なソファベッドが付いています。しかし、私共がお客様がご予約された際の人数ではない未確認の追加人数をお部屋または施設内で発見した場合、それぞれ20,000Wの料金課金がなされます。この罰金は、最悪の場合キャンセル手続きことができ、終了、継続、ソウルマンションゲストハウスの裁量で、いかなる種類無し払い戻しを予約。
– 追加のお客様は、ご予約を介して、またはフロントにてお一人様あたり一泊10000ウォンで追加することができます。しかし、ソウルマンションでは部屋ごとにお客様の最大収容人数が決まっているため、部屋ごとの最大収容人数の標準数を超える場合、追加はできません。お客様の人数はソウルマンションゲストハウスに決定権限があります。
 
▶ 不可抗力
– ソウルマンションゲストハウスでは問題が不可抗力量である場合、任意の補償金を支払う責任を負うことはできません。これは、近隣の建物が保有する建設物の工事による何らかの災害(騒音等)、自然災害、戦争、戦争の脅威、悪天候、テロなど私たちでは手に負えない状況、これらすべてに似たような状況が含まれています。